【ファッション】ニューヨークでよく見かけた流行アイテム

ニューヨーク旅行でよく見かけた流行のファッションアイテムを紹介します。ニューヨークには、観光客が世界中から来ているので、街中だけでなくお店でもでもよく見かけたアイテムたちです。一つ前の記事に「食べ物編」もありますので、よかったらそちらもチェックしてみてください。

【食べ物】ニューヨークでよく見かけたもの

FILAのホワイトスニーカースクリーンショット 2018-11-17 14.30.22.png

ルイ・ヴィトンやシャネルなどのハイブランドが、厚底でゴツいスニーカーを販売し始めたことをきっかけに注目が集まっています。日本では雑誌で見かけることはあっても、実際に履いている人はまだあまり見かけません。しかし、ニューヨークではちらほら見かけました。

その中でもよく見かけたのが、FILAのホワイトスニーカー。ロゴ刺繍が白色になっている、真っ白のスニーカーはかわいいなぁと思いました。

特に人気なのが「Disruptor 2」。10月29日に靴に関するメディア「Footwearnews」で「Shoe of the Year」に選ばれたとFILA公式Instagramでアナウンスがありました。靴メディア公式Instagaramのフォロワー数が10万人程度なので、この賞自体のインパクトはあまりなさそうですが、その中でも選ばれているということは事実です。

街でよく見かけた理由ですが、「デザインが流行に乗っていてかわいいこと」と「価格」だと思っています。ハイブランドのスニーカーは、10万円以上と非常に高価です。反面、Disruptor 2は7000円くらいで購入できます。ここが、街でよく見かけた理由だと思います。

日本で白スニーカーとして人気のある、アディダス系のスニーカーは、言葉通り全く見かけませんでした。アメリカには、日本より種類が多いですし(ここであげている「Disruptor 2」も日本では公式に売られていません)、靴の流行は大きく違いそうです。日本とニューヨークのどちらもで見かける靴はコンバースくらいでした。

GUCCIのキルティングレザー

スクリーンショット 2018-11-17 15.33.24.png

現在、GUCCIは、アメリカのティーンが好きなブランドとしてよく挙げられるブランドとなっており、クールなポジションを確立しています。その点は知っていたものの、なぜそのようなポジションに立てるようになったのかを知りませんでした。

今回の旅行で、GUCCIのキルティングレザーのアイテムを明らかに意識している類似商品をたくさん見かけました。少し調べてみたところ、「2015年、GUCCIのデザイナーがアレッサンドロ・ミケーレになって以降、彼の新しいデザインが若い子を惹きつけている」ようです。

その中でも人気があるのは、上記写真のシリーズ。デパートのバック売り場を通り過ぎたとき、あれ?こんなに雑にGUCCIの商品が置いてあるの?と思ったらMichael Korsの商品でした。他にも、COACHやKate Spadeでも同じような商品を見つけました。写真のようなデザインのキルティングレザー自体の人気が高くなっているようです。

GUCCIのキルティングレザーのバックは、街中でも非常によく見かけました。

太めのフープピアス(ゴールド系と樹脂系)

スクリーンショット 2018-11-17 17.30.14.png

ゴールドの太いフープピアスは、お店でも街中でもあちこちで見つけました。太さは、かなり太いです。サイズは、大・中・小と3段階で展開しているお店が多かったです。

また、樹脂系のフープもよく見かけました。様々な柄、形、サイズがあり、見ているだけでも楽しくなるほどでした。樹脂のフープは、かわいいアクリル板をレーザーカッターでカットしたらオリジナルのピアスができそうだなぁと思っています。一つ手作りしてみようかなと考え中です。

スクリーンショット 2018-11-17 17.18.14.png

クールなYOGAウェア

スクリーンショット 2018-11-17 18.10.03.png

これは、よく見かけたというより、個人的に気になったアイテムです。夏くらいから、ヨガウェア探していたのですが、ピンとくるものはなく、買えないままでいました。

日本で売っている商品を勝手に4種類に分けるとこんな感じ

  • スタイリッシュ系(発色のよい大柄プリントレギンスなど。「ヨガをやっています!」という有名人が着ているイメージ)
  • ラブリー系(ヒラヒラやフリフリがついていたり、小花柄だったり、ピンク色や白色の商品も多い)
  • ナチュラル系(ゆったりしていて、くすんだ色。オーガニック素材も多い)
  • スポーティー系(大手スポーツメーカーの商品がだいたいこれ。この中にも上記3種類の商品があることもあり)

そんな中見つけたウェアはクール系。かっこいいんです。特にかっこいい商品が多いと思ったのが「alo」というブランド。メッシュの使い方やカットが特徴的です。レザーに見えるレギンスもありました。

スクリーンショット 2018-11-17 18.17.08.png

ヨガウェアが売られているオンラインサイトは、上位写真のようにいろんなサイズのモデルさんをよく見かける気がします。そういうことも日本で広まるのでしょうか?

最後に・・・

以上がニューヨークでよく見かけたアイテムたちでした。このブログを書くため、アメリカの複数のオンラインショップを見ていたのですが、海外への送料が無料になるサイトがいくつかありました。私も海外のサイトで買い物をすることはちらほらありましたが、送料がかかることから積極的に買ったことはありませんでした。

▼ アメリカで有名なオンラインショッピングサイト「Shopbob

(100ドル以上だと無料ですが、このサイトで取り扱っている商品の価格帯からすると無料のようなもの)

▼ ブログで紹介したヨガウェアブランド「alo」のオンラインショッピングサイト

送料無料で商品が買えてしまうということを日本のアパレル業界は危機感を持った方がいいでしょう。ちなみに、返品無料のところは残念ながらありませんでした。ここまで無料になると、日本にいながら海外のものしか買わないことだってできてしまいます。反対に、海外に対し送料無料で買い物させることで、海外のお客さんに洋服を買ってもらえるようになる機会を増やすこともできます。アパレル業界の動きは、今後も面白そうですね。

You may also like...