Google Glassをデザインした1人は、1988年生まれ

2013年から約3年間も休館、改装工事をしていたSFMoMA(サンフランシスコ近代美術館)。2016年5月14日にリニューアルオープンしたばかり。SFMoMAについての記事はたくさんあるため、特に書きませんが、とーーーっても良かったです! 今日書きたいことは、Google Glassをデザインした人について。

Goole Glassをデザインした1人は1988年生まれ

SFMoMA内には、記憶に新しい初代「iPhone」や「Google Glass」が展示されていました。そこで気になってしまったのは、Google Glassのデザイナーの1人である、Matty Martinさん。彼は1988年生まれであり、Google Glassを作った時は24歳であったという事実に驚きました。若さに関係なくチャンスがあるGoogleは、やっぱりすごいですね。

iPhone at SFMoMA

Google Glass at SFMoMA

そんなことで、デザイナーのMatty Martinさんについて調べてみたところ、LinkedInにヒット! Googleは2014年に退社しており、現在は「Stable Goods」という会社を立ち上げられ、また「Shapper」という会社でリードデザイナーをされているようです。それぞれがどんな会社か見てみましょう。

Stable Goods

The Pintという、グラスにもなるボトル?(ボトルにもなるグラス?)を作っているようです。ありそうでなかった、とても使いやすそうなデザインですよね。2016年2月にKickstaterでクラウドファンディングをしたところ、目標金額100万円の十倍、1000万円が集まったようです。現在は、一つ32ドルで販売されています。

Stable Goods
http://stablegoods.co/

Shaper

Shaperは、ルーターという木を切ったり、削ったりする電動工具。それの手持ち型らしい。ルーターと言われてもピンと来ないので、手持ちがどれだけ素晴らしいのかわかりませんが、素晴らしいようです汗汗。2016年6月に開催されたMaker’s Fairにも出店していたようで、その興奮をブログに書いていた人がいましたよ。ちなみに、まだローンチされていないとのこと。

SHAPER
http://www.shapertools.com/

 

どんな新しいプロダクトも「親しみ」が大切

とても活躍されているMattyさんのインタビュー記事も発見しました。それはまた別のプロダクトのものだったのですが、どんな新しいプロダクトやプラットフォームをデザインするときでも、大切にしていることは「親しみやすさ」とのこと。

Working at Google [x] on Glass, I learned a great deal about how people interact with technology products of a new category. No matter how new or advanced your product or platform is, it is important that it is still familiar and approachable.(記事を読む

今まで全く無かったテクノロジーを使ったプロダクトが、見たこともない形でローンチされても、なかなか受け入れられないので、とても共感です。これからも彼が作る「親しみ」があり、新しいプロダクトにワクワクしますね!

 


関連リンク

Tech好きな人が、サンフランシスコ旅行をもっと楽しむ

サンフランシスコ旅行をもっと便利にするTips

サンフランシスコ旅行で集めた場所情報まとめ

Google本社は、本当にワクワクする!

You may also like...